ロンドン紀行2015・vol.1


 

なんと、初・羽田の国際線。

4時起き〜バスで熟睡起き抜けのまま、行ってきます♪。

飛行機の中、

一口食べて、美味しすぎて驚いたっっ!これ。

チーズタルトの上にあんこのムース?with ホイップとベリーのソース。

正直、あまり期待もせずに食べたら…、

あらっっ、あららららっっ、思わず拍手してしまいました、

美味しくて…!。

何だか、ロンドンでの甘いものへの期待感が、一気にアッっっ〜プ!

楽しみ♪

約12時間後…

窓の外に不思議なくらいにキレイに並んだお行儀良く並んだ雲の合間から

眺めるテムズ川をはさんでの田園風景に迎えられ、

着きました、十何年ぶりの

いや、ほぼ20年ぶり!のロンドン。

なつかし〜いっっ、なんて、思えるはずもないヒースロー空港。

チケット取るときからうすうす感じていた、

この20年の歳月、何もかもが、違っている…。そりゃあそうだっっ。

まずは何はともあれ、オイスターカード!を購入するべく、
久しぶりの英語脳にアップアップ…。

この、オイスターカード、日本のsuicaみたいなものでとても便利♪
ってことを使いながら実感。

最初にデポジットと一緒に好きな金額でカードを作って、
いつでもトップアップも可能なので本当にまるでsuica。

いちいち切符を購入手間が省けるだけではなく、電車賃がかなりお得♪
らしい…。

(どれだけ?とか詳しいところは良くわかっていませんが。)

残金もデポジットもリファウンドもしてくれます。

という、これがオイスターカード。

地下鉄から降り、ロンドンなのにまぶしいくらいの青空のもと、
迎えてくれた、今回の滞在先になるホテル。
Hotel Russell.

空港から乗り換えなしということを優先順位で選んだホテルの立地。

ピカデリーラインのラッセルスクエア駅からすぐ!。
だって、名前がホテルラッセル。

 

思いきりヨーロピアンを感じるヴィクトリア様式の,
外観は重厚感あり過ぎ!?なくらいに

この非日常の空間にドアマンに見守られながら出入りしていること自体がちょっと嬉しい。

そんな気分になれる5日間の滞在でした。



 

大英博物館やロンドン大学にも歩いて近く素敵なエリアでした。

ホテルの周辺はこんな街並♪















 

さあ、イロイロ歩いてみて食べて、

楽しもうっと♪。

mikiko

 

ロンドン紀行 vol.1〜到着編
 

ロンドン紀行 vol.2〜街歩き・メリルボーン編
 

ロンドン紀行 vol.3〜観光・ビッグベン編
 

ロンドン紀行 vol.4〜展示編
 

ロンドン紀行 vol.5〜街歩き・ノッティングヒル編
 

ロンドン紀行 vol.6-1〜スタジアムMK(ミルトンキーンズ)編
 

ロンドン紀行 vol.6-2〜スタジアムMK(ミルトンキーンズ)編
 

ロンドン紀行 vol.7〜帰国編




 

| blogmikiko | いろいろ | 17:09 | comments(0) | - | - | - |