ロンドン紀行2015・vol.4

さあ、今回の一番の目的!、なはず、

展示のレセプションに向かいます。

展示会場のイーストエンド。

前だったらちょっと寂れていてコワかったかも、というエリア。

今はどんどん、アートの中心地になってきておもしろいエリアになってきている様です。

まるで、NYのSOHOみたい。

そんな会場があるのはBrick Lane/ブリックレーン。

最寄りの駅はショーディッチハイストリート。

(あとで分かったのは、ちょっとだけ歩くけどLIVERPOOL STREETの方が便利だった…。)







 

駅が想像以上にキレイでびっくり。

一歩、外に出てみれば…、

グラフィティに迎えられ。

他の街とはやっぱり何となく違った趣の街並に。
















 

ギャラリーの近く♪有名なベーグル屋さん。

 

はさんでくれる具の量が…、



ウレしびっくりなくらいにハンパないっっ!


 

そして

駅から5分くらい?のはずが…

やはりというべきか、地図を片手にしながらも

なぜか、ぐるぐる迷って迷って…

本当は駅からギャラリーよりも遠いはずの行きたかった

フィッシュ&チップスのお店の看板を先に見つけてしまうという…。


 


 

はい、もちろん食べました♪。

無事にギャラリーに辿り着いてから、レセプションまで時間があったので…。



 

そして、ギャラリーへ♪

外からはこんな感じ。


 

レセプションはじまりました♪

ギャラリーのオーナーさんと。



 
















今回の展示は、

ここロンドンに、

久しぶりに作品だけではなくて私自身現地に来てみて本当によかった。

いつの間にか忘れてしまっている大切なこと。

それを気づかせてくれるこういう機会。

実際に展示しいる様子が見られること。

反応を直接聞くことが出来ること。

どんな土地でどんな雰囲気で、

どんな様子で展示されているのか。

そして、主宰していただいている方と展示の場で時間を共有し、色々と話せたこと、

それは本当に、とてもとてもありがたく有意義なこと。

今後の制作活動の上での宝もの。

今すぐ、何をどのように感じて、

どう活かせるのか、なんて、

答えはすぐにでなくても、

その場で、

色々なことを感じ、

気づき、

ココロの中で生まれた感覚、感情は、

きっと、

これからの色々に、

今までよりも、

ちょっとだけ表情を増やして、

ちょっとだけ届けられる何かを増やして、

くれる…、

といいな。

とりあえず…、

やっぱり楽しいこと、

まだまだ何か、

新しいこと、

新しいもの、

新しい方法、

探して、

見つけて、

やってみよう♪

だって、やっぱり、

楽しいから。

来られてよかった。

そして、

やっぱり、

こんな機会をもてたこと、

周りにいてくれる人たちに、

どうもありがとう。

見守ってくれたり

応援してくれたり

何気ないひと言で、

背中をおしてくれたり…。

たくさんの人の影響やおかげで、

こうやって、素敵な機会を持てている様な気がします。

どうもありがとうございました。

そして、

これからもどうぞよろしくお願いします。

あ、まだまだ、続きます、

ロンドン紀行・・・。


mikiko

 

ロンドン紀行 vol.1〜到着編
 

ロンドン紀行 vol.2〜街歩き・メリルボーン編
 

ロンドン紀行 vol.3〜観光・ビッグベン編
 

ロンドン紀行 vol.4〜展示編
 

ロンドン紀行 vol.5〜街歩き・ノッティングヒル編
 

ロンドン紀行 vol.6-1〜スタジアムMK(ミルトンキーンズ)編
 

ロンドン紀行 vol.6-2〜スタジアムMK(ミルトンキーンズ)編
 

ロンドン紀行 vol.7〜帰国編




 

| blogmikiko | いろいろ | 17:50 | comments(0) | - | - | - |