Bunkamura終了、ありがとうございました。

 

 

昨日、Bunkamura Winter CRAFT Collection 2018 終了いたしました♪。

 

たくさんたくさんの方に足を運んでいただき、

本当にありがとうございました。

 

今回は、ひとつの壁面全面を使っての展示になり、

たくさんの作品でお客さまをお迎えすることができました。

そんな作品たちをご覧いただいたお客さまはもちろんですが、

ご一緒させていただいた作家のみなさま、

そしてこのような機会を作っていただいたBunkamuraのスタッフ・ご担当の方々みな様に本当に感謝いっぱいです。どうもありがとうございました。

 

 

 

2年ぶり開催となった今回のBunkamura、

久しぶりにお会いできるお客さまにもお越しいただき、

本当に嬉しい楽しい時間になりました。

そして同時に、2年の時間が経っても、作品を楽しみにしてくれている方たちがいてくれるということに、本当に嬉しくてシアワセなことだなと実感できる時間でもありました。

 

 

会期中の4日間は日々なんだか嬉しい出会いや出来事がたくさんありました。

 

初日の一番最初のお客さまはルーマニアからの方で、

プレゼントにと猫のエミリーのガラスの小皿を選びながら、お話を伺っていると、贈り物の相手のお名前はエミリーちゃんとナタリーちゃん!という素敵な偶然になんだか嬉しくなるスタートでした。

また、最終日のお昼過ぎ、以前にも作品を見たことがあるんですとちょっと嬉しそうに言っていただくお客様が。

お話していると、3年前に高知から観劇に上京されていて展示をご覧いただいたというお客さまで、偶然にもまた同じ時期に上京されてて展示を見つけていただいたという、なんだか嬉しすぎる驚きな再会もあったりと。

 

そして、作品をご購入いただいたお客さまからは本当に嬉しい言葉をたくさんいただきました。

一つの作品が誰かの日常に彩りと一緒にそっと仲間入りさせてもらえること、

ちょっとでもココロに何かを贈れていること、

本当に嬉しくて、

少しでも誰かに何かを届けられているのかなと嬉しくなってきます。

 

そしてそして、絵本のConfettiの作品集をご購入いただいたお客様が、

文章が良かったからと、再度会場に足を運んでいただいてプレゼントにとあらためて3セットでご購入いただいたりと。

なんだかなんだか、嬉しいご感想をいただきました。

 

 

会期中この会場で、

たくさんの方に

作品をご覧いただいたり、

手にしていただいたり。

朝起きてこの絵を見られると思うと頑張れる、なんて、

そんな風に思ってもらえること、

なんてシアワセなんだろうと、なんてなんてシアワセなんだろうって。

 

偶然にも会場内で初日の一番最初の客さまも、

最終日の一番最後のお客さまも迎えることができ、

それぞれが贈り物として選んでいただきました。

 

プレゼントとして選んでいただけることは嬉しいこと。

誰かが誰かに贈り物をする気持ちの側にいられること、

何かを贈るきっかけになれること、

そんな素敵なことが重ねて感じていられるそんな時間は私にとって本当に素敵な贈り物になりました。

ありがとうございました。

 

毎日毎日が、キラキラするような気持ちが溢れるくらい4日間。

 

Bunkamura Winter Collection 2018、

本当に素敵な時間、出会いや再会、想いとことばがいっぱいでした。

 

 

くすぐったいくらいの嬉しすぎる感想や、たくさんの言葉、出来事を素直に心にいただいて、

こんな贅沢なシアワセいっぱいの気持ちを色やことばに変えて

また誰かのココロに何かを届けられるような、

そんな作品を一枚ずつ描いていきたいと思います。

 

またお会いできる日を楽しみにして。

どうもありがとうございました。

 

 

mikiko

 

| blogmikiko | MIKIKO Method | 23:14 | comments(0) | - | - | - |